ページの先頭です

人工授精(IUI: Intrauterine (artificial) insemination)

1.どんな治療なの?

調整した精液(余分な細胞や細菌を除去した精液)を子宮内に注入する治療法です。

2.治療適応

精子所見が軽度不良な場合がよい適応です。
また、排卵の時期に合わせて性交をとる方法(タイミング療法)にて妊娠が得られない場合にも行っています。

3.治療を行う時期について

超音波や尿検査を用いて排卵日を予測し、基本的には排卵日に合わせて人工授精を行います。

4.合併症

性器出血や疼痛、また感染症が挙げられますが、非常に稀です。

5.治療の流れ

月経開始後、指示された日に来院していただき超音波や尿検査※1を行います。
超音波で卵胞(卵子が入った袋)の発育を評価し、卵胞が成熟した状態で点鼻薬や
注射※2を行い人工授精の日程を決定します。

※1排卵を予測するための尿検査で、陽性の場合は当日または翌日人工授精を行います。自宅で行うことも可能で、その場合当院では原則的に朝行っていただき陽性の場合、翌日人工授精としています。
※2注射は院内で看護師により行いますが、点鼻薬はご自宅でご自身での使用が可能です。
※3精液は院内で採取するか、自宅で採取し、持参する場合は精子の状態維持のため2~3時間以内での持込みをお願いしております。お預かりした精液は培養室で調整します。
旦那様のお名前が書かれた調整後精子と奥様の名前をスタッフで確認した上で、ご本人にも確認していただき、内診台で腟内を消毒後、子宮内に人工授精用のカテーテルを挿入し、調整した精液を注入します。当院では原則、注入後の安静時間や抗生剤予防内服はしておりません。

6.成績

当院での人工授精一回あたりの妊娠率は7-8%前後です。