ページの先頭です

遺伝カウンセリングとは

遺伝カウンセリングでは、染色体や遺伝子について、または病気が遺伝するかなど、遺伝にまつわるご相談をお受けしております。
不安や疑問に思われていることについて、状況を整理し、適切な情報をわかりやすくご説明することで、抱えている不安や疑問が軽減する場合もあります。

このようなご相談をお受けしています

主な相談内容には以下のようなものがあります。

  • 体外受精による赤ちゃんへの影響はないの?
  • 流産した赤ちゃんに起きた染色体異常ってどういうこと?
  • どうして流産してしまったのだろう…。また流産してしまう可能性は?
  • 流産を繰り返しているけれど、私たち夫婦に何か問題があるの?
  • 今後の治療のためには夫婦の染色体検査を受けた方がいいの?
  • 染色体検査を受けるか決める前に、どんなことがわかるのか詳しい話を聞きたい。
  • 高齢妊娠による赤ちゃんへの影響が心配…。
  • 妊娠したら、赤ちゃんに病気があるか調べる検査を受けた方がいいの?
  • 私や家族の病気は子どもにも遺伝するのか心配…。
  • 検査について、家族との間で意見が合わなくて困っている…。

上記のような漠然とした不安や疑問は、ご自分でインターネットなどを利用し調べても、多くの情報に振り回されてしまい、かえって不安が強くなることがあり ます。さらにはそれらについて夫婦や家族の間で生じる悩みは、周囲に相談しづらく、苦しい思いを抱え込んでいる方も少なくありません。

遺伝カウンセリングでご自分の考えや思いを言葉にすることで、抱えている不安や悩みが整理され明確になり、自分の不安の本質に気付かれることや、夫婦だけ では話しづらいことも、第三者であるカウンセラーに向かって話すことで、お互いを理解するきっかけになることもあります。その上で、お一人おひとりが自分 らしい意思決定をできるようお手伝い致します。

当院での遺伝カウンセリング

当院の遺伝カウンセリングは、プライバシーの守られた個室で、ゆっくりご相談していただくことが可能で、内容やご希望によっては、回数を重ねることも可能です。

また、遺伝カウンセリングは専門の教育を受けた臨床遺伝専門医または認定遺伝カウンセラーが担当しますが、心理的要素の強い不安であれば、臨床心理士の生 殖心理カウンセリングをご紹介したり、医師・看護師・助産師・胚培養士など関連職種との連携、他機関などへの紹介も行います。

治療を始めるとき、ステップアップを考えるとき、妊娠が成立したとき…。不妊治療におけるさまざまな場面で、感じる不安や疑問、もやもやした気持ちなど、 どんな小さなことでも、お気軽にご相談下さい。ご夫婦/カップルで、またはお一人やご家族と一緒でもご利用いただけます。