ページの先頭です

亀田IVFクリニックの治療実績

体外受精の調節卵巣刺激(排卵誘発方法)

体外受精の調整卵巣刺激は、不妊原因や卵巣予備能などから患者さまに最適と考えられる刺激法を選択します。
2017年の当院での体外受精の調節卵巣刺激です。

調節卵巣刺激(排卵誘発方法)の種類

Nargund らはThe ISMAAR proposal の中で表-1のように分類しています。日本において卵巣刺激で一般的に行われている自然周期・低刺激・高刺激はそれぞれModified Natural cycle IVF、Mild IVF、Conventional IVFを指します。
当院での刺激(クロミッドHMG法、HMGアンタゴニスト法のほとんど)はMild IVF(低刺激)に相当します。患者さまの卵巣の状態次第ではありますが、複数の卵を回収できそうな場合は自然周期よりmild IVFを選択します。今までの治療経過や患者さまの状態に応じてConventional IVF(高刺激)を選択することもあります。

表-1調節卵巣刺激(排卵誘発方法)の分類

用語 目的採卵個数 方法
Modified Natural cycle IVF 1個 単一卵胞を回収するためのトリガーやGnRHアンタゴニストやFSH/HMG製剤の使用は認められる。
Mild IVF 2-7個 FSH/HMG 150IU/日までの卵巣刺激もしくはHMGアンタゴストの併用、クエン酸クロミフェン(クロミッド)などの抗エストロゲン剤、アロマターゼインヒビター(レトロゾール・フェマーラ)など内服薬の使用
Conventional IVF数 8個以上 ①FSH/HMG >150IU/日のHMGアンタゴスト法
②ロング法
③ショート法

受精方法

受精方法は、男性因子(精子無力症・乏精子症、奇形精子症など)や受精障害が疑われる患者さまには顕微授精(ICSI)を選択します。上記以外は通常の媒精(conventional)を行います。Split法は複数卵子回収した場合に媒精と顕微授精を分けて同時に行う方法です。軽度の男性因子の場合などが適応となります。
詳しくは「卵と精子のこと」をご覧ください。
http://www.kameda-ivf.jp/ja/patient/lp/005/index.html

受精・体外培養

受精・体外培養2017年の卵子あたりの受精・体外培養成績です。

MII卵子:成熟卵子 良好胚盤胞:体外培養5-6日目にGardner分類 3BB以上の胚
2PN: 正常受精卵 有効胚:新鮮胚移植を行うか次周期以降の移植のために凍結した胚

媒精(conventional)と顕微授精(ICSI)に分け、正常受精率・胚盤胞到達率・良好胚盤胞到達率・有効胚利用率を示します。新鮮胚移植を行うことや、分割期胚で凍結を行うこともあるため分母が異なります。
媒精を行なった卵子の正常受精率は71.4%、胚盤胞到達率は54.9%、有効胚利用率は52.9%です。顕微授精を行った卵子の正常受精率は88.4%、胚盤胞到達率は50.7%、有効胚利用率は53.3%です。受精法により正常受精率に差がありますが、移植できる胚の割合は大きな差はありません。上記に示した通り原因により受精法は異なります。正常受精率が高いからという理由だけで顕微授精を選択することは現在のところ否定的な意見が多く、我々も同様の方針です。
体外受精方法の説明については動画をご覧ください。
 

凍結融解胚盤胞移植の臨床的妊娠率(単一胚移植あたり)

2017年度に実施した胚移植(ET)のうち、凍結融解胚盤胞を1つ移植した場合の臨床妊娠率です。臨床妊娠率とは超音波により子宮内に胎嚢(GS)が確認される妊娠をさします。生化学妊娠(化学的妊娠やchemical abortionと呼ばれる場合もあります)は含めません。
胚移植については動画をご覧ください。
 

  1. HOME
  2. 亀田IVFクリニックの治療実績