胚移植

今回は胚移植についてお話します。
胚移植の概略につきましては当グループ作成の動画「胚移植」を御参照ください。


胚移植は体外受精により受精した精子と卵子(=胚)を子宮に戻す技術で、医師・看護師・培養士の共同作業になります。この胚移植は体外受精の集大成であり、この胚移植が上手く出来なければ、それまでの工程(卵巣刺激-採卵-受精-培養-凍結)の努力は水の泡になります。それだけに、医師・看護師・培養士は細心の注意を払い胚移植に臨んでおります。

以下、胚移植の流れに沿って各々の役割を簡単に解説したいと思います。
培養士は先ず、胚をEmbryoGlueと呼ばれる培養液に移します。この培養液はヒアルロン酸が高濃度に含まれた胚移植専用の培養液です。ヒアルロン酸は着床前の胚と子宮内膜の「対峙」において、接着を促進する分子と言われており、ヒアルロン酸を高濃度に含む培養液を胚移植に使用することで胚移植後の着床率・妊娠率・生産率が改善したとする報告が多く見られます。

次いで、医師は移植用カテーテルを誘導する外筒を予め子宮内膜底近辺に配置します。医師の合図で培養士は胚をインキュベーターから取り出し、患者さんから見える様、モニターの中央に映し出します。これは患者さんに御自身の胚を見て頂く「治療の見える化」を強く意識して拘りを持って実施している工程です。そして、胚をカテーテルの中に丁寧に吸い、移植カテーテルの先端を外筒の中に入れます。ここからは医師と看護師の共同作業となります。看護師は患者さんのお腹に当てた超音波ガイドを巧みに操作してモニター上、カテーテルの先端が子宮腔のどこにあるのかを正確に映し出します。医師はこれを見ながらカテーテル先端を子宮腔の適切な場所に置きます。これが完了すると、最後は医師の合図で培養士がカテーテルの中にある胚を子宮腔に戻します。この瞬間、モニター上では白く光ったように見えます。

以前、移植用カテーテルは1種類しか使用しておりませんでしたが、子宮腔の向き・傾き・形は患者さん毎により様々で、あらゆるタイプに対応するため2種類のカテーテルを使用することにしました。看護師はより正確にカテーテルの先端をモニターに映し出すための研鑽を積み、培養士は医師と相談しながら常に同じ量の移植用培養液を吸引すること、また、胚を戻す時に常に同じスピードで戻すことを心掛けて常に調整を繰り返して胚移植を実施しています。

文責:平岡(培養室長)