ブログ記事まとめ〜卵管性不妊〜

卵管は卵子と精子が受精する重要な場所ですが、卵管因子(閉塞、狭窄、癒着などの通過障害)があると不妊の重大な原因になるため、不妊クリニックでは早い段階で卵管に起因する不妊原因がないかを検査していきます。
現在まで当院のホームページのコンテンツや卵管性不妊のブログ記事でとりあげている内容をまとめてみましたので、これから妊活を考えている方、不妊治療を開始したばかりの方にもご活用いただけると幸いです。

≪ホームページコンテンツ≫
卵管 http://www.kameda-ivf.jp/ja/iroha/fallopian_tube/index.html
子宮卵管造影(HSG:hysterosalpingography)
http://www.kameda-ivf.jp/ja/checkup/003/index.html

≪ブログ記事≫
気管支喘息があると子宮卵管造影は実施できないの?
子宮卵管造影検査の異常率について(当院の成績)
子宮卵管造影の造影剤比較による5年間の追跡結果(論文紹介)
子宮卵管造影後の合併症の調査(論文紹介)
なぜ子宮卵管造影でのヨード投与に過敏になるの?
HSG(子宮卵管造影検査)の油性造影剤は新生児甲状腺機能に影響を与えるの?(論文紹介)
FT(卵管鏡下卵管形成術:falloposcopic tuboplasty)について
不妊手術:FT(卵管鏡下卵管形成術)の妊娠率(当院の妊娠成績)
卵管手術に対する役割(アメリカ生殖医学会のcommittee opinion:その1)
卵管手術に対する役割(アメリカ生殖医学会のcommittee opinion:その2)

文責:石川恵(事務長)

お子さんを望んで妊活をされているご夫婦のためのブログです。妊娠・タイミング法・人工授精・体外受精・顕微授精などに関して、当院の成績と論文を参考に掲載しています。内容が難しい部分もありますが、どうぞご容赦ください。

亀田IVFクリニック幕張